バッチレンダリング

CNode は、Clarisseと共に配布される独立型のコマンドラインアプリケーションです。
コマンドラインまたはレンダーファームからのClarisseイメージのレンダリングを専門とします。

 

  

 
 

CNode は、グラフィカルユーザインタフェースを持たないClarisseです。Pythonスクリプトを実行し、インタラクティブなPython シェルを提供し、ネイティブにClarisseプロジェクトを読み込み、イメージをレンダリングします。

適切なパイプラインのための必需品です。

CNODEを手に入れる

CNode Specs
  • フローティングライセンス
  • Clarisseイメージのレンダリング
  • Clarisseレンダーアーカイブのレンダリング
  • Clarisse プロジェクトのレンダリング
  • 環境変数
  • リファレンスの解決
  • コマンドポート
  • インタラクティブ・モード
  • スクリプト

 


レンダーファーム管理ソフトとの統合

CNode はすでに、Deadline、Royal Render、Qube! および Muster によって公式にサポートされています。CNode は、特別なXMLファイルを出力することができます。このファイルには、入力プロジェクトやレンダーアーカイブ・ファイルからのレンダー設定およびファイル属性が記述されます。この XML ファイルにより、Clarisseのレンダリングエンジンによるあらゆるプラグインベースのレンダーファーム管理ソフトへの統合が容易になりました。

<project>
 <filename>/opt/isotropix/Clarisse/content/directives/my_shot.project</filename>
 <version>1.0</version>
 <dependencies>
   <file>/opt/isotropix/Clarisse/content/directives/my_assets.abc</file>
   <file>/opt/isotropix/Clarisse/content/directives/textures/DIFF_texture_HD.tga</file>
 </dependencies>
 <image>
   <name>project://scene/image</name>
   <output></output>
   <format>exr16</format>
   <save_to_disk>0</save_to_disk>
   <start_frame>0</start_frame>
   <end_frame>50</end_frame>
   <frame_step>1</frame_step>
   <gamma>0</gamma>
   <layer>
     <name>project://scene/image.background</name>
     <visible>1</visible>
     <output></output>
     <format>exr16</format>
     <save_to_disk>0</save_to_disk>
     <start_frame>0</start_frame>
     <end_frame>50</end_frame>
     <frame_step>1</frame_step>
     <gamma>0</gamma>
   </layer>
 </image>
 <settings>
   <fps>24</fps>
   <motion_blur_sample>3</motion_blur_sample>
   <motion_blur_direction>centered</motion_blur_direction>
   <motion_blur_length>50</motion_blur_length>
   <texture_cache>512</texture_cache>
 </settings>
</project>

  

 XML出力の例

 

レンダーファーム管理ソフト

オンラインレンダーファーム